地方に生活支援交付金 個人消費底上げ狙う 政府方針、数千億円規模で 首相、経済対策を指示

9695999993819481E3EA9AE1998DE3EAE3E3E0E2E3E69797EAE2E2E2-DSKKZO7988850019112014EE8000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS18H3K_Y4A111C1EE8000/

交付金は消費喚起や円安対策といった政府が定める制度創設の狙いの範囲内で、各市町村が地域の実情に応じて自由に使えるようにする。商品券の販売価格より額面が上回る「プレミアム付き商品券」の発行や、多子世帯の家計負担の軽減など個人消費を促す施策への支援を想定する。

政府は今回の対策で、景気刺激にはGDPの6割近くを占める個人消費へのテコ入れがカギを握るとみる。一方で、円安や物価上昇などへの対応も課題にあがる。

交付金は低所得世帯や社会福祉施設のガソリン購入、寒冷地の低所得者の灯油購入などへの助成も視野に入れる。出産や子育てに関する支援も検討し、政府が重視する地方創生への先行事例としたい考えだ。

各自治体の事業計画を見てみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です