低金利、投資刺激狙う 日銀追加緩和 円安一段と進行か

9695999993819694E1E39AE3838DE1E3E3E2E0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKKZO7918255001112014EA1000-PB1-3

9695999993819694E1E39AE3838DE1E3E3E2E0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKKZO7918256001112014EA1000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDF31H1Q_R31C14A0EA1000/

メガバンクの住宅ローン金利(10年物)は1%台前半と過去最低水準にあるが、追加緩和で低金利は長引きそうだ。消費増税後の住宅市場は低迷しているが、需要喚起を狙う。企業にとっても借り入れコストが下がり、設備投資を後押しする可能性がある。

もう一段の円安を促す効果もありそうだ。29日にはFRBが量的緩和の終了を決め、大規模緩和を継続する日銀との方向性の違いも鮮明だ。為替市場では円安・ドル高が進みやすくなり、輸出企業の採算を押し上げやすくなる。

日銀が目指すのは金融緩和で個人消費や企業投資が増え、それが物価に反映されて賃金なども上がる好循環だ。賃金上昇などは遅れており「もう一段の円安は企業や家計にはコスト増といった副作用も伴う」(日本総合研究所の下田裕介氏)。

異次元来ましたね。中途半端にやるよりはこれくらいのサプライズが必要だと思います。実際やってみなければ分からない。やってみて、検証して、改善していくだけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です