日銀誤算 遠のく「出口」 追加緩和直後、増税延期へ

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDF14H0U_U4A111C1EE8000/

日銀は物価目標の早期達成を、政府は財政健全化の推進をそれぞれ約束した。黒田総裁は12日、国会で追加緩和は予定通りの増税が前提だったと説明。日銀には「はしごを外された」との思いがにじむ。

日銀は追加緩和で15年度後半に物価2%を達成し、大規模緩和を手じまう出口戦略の議論を本格化させるシナリオを描いていた。想定通りに進めば、16年度にも国債購入ペースを鈍らせるなど、出口を探る時期が訪れるはずだった。

日銀が現行ペースで金融緩和を続けると、17年末には保有する長期国債の残高が現在の2.3倍の約440兆円に膨らむ。GDPに迫る規模だ。中銀が政府の赤字を補填する「財政ファイナンス」に陥っているとの意識が市場で強まり、金利が急騰するリスクも高まる。

確かに政府による日銀との協定違反とも取れるちぐはぐさですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です