謎×経済 ナゾノミクス 財政、病院に行く私が悪い? 気軽な通院、皆の負担に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15920180Z20C17A4EE8000/

体調がすぐれなければ、病院に行く。こんな当たり前のことが日本で問題になっている。お金がかかりすぎているからだ。花粉症の薬を病院でもらう方が市販薬より安いのは料金の払い方に違いがあるため。病院が安売りしているわけではない。

健康保険料は健康な時から企業と個人が払っている。国や地方の補助も、その裏付けは税金だ。窓口で払っていないからといって、負担していないわけではない。医師の診察にもお金がかかる。ドラッグストアより病院のほうが安いというわけではない。

日本総合研究所の飛田主任研究員は「医療については誰もがコスト意識を持つ必要がある」と指摘する。政府は処方薬と同じ成分の市販薬の使用を促すため、17年1月から新しい制度を設けた。医療用から転用された市販薬の購入費用について、税金の控除を受けられる仕組みだ。薬をもらうために病院に行く人を少しでも減らす狙いがある。

スイッチOTC医薬品が対象のセルフメディケーション(自主服薬)税制について知る機会になりました。