派遣社員の働き方どう変わる 3年ごと職場変更、雇用安定へ監督課題

9695999993819481E3EB9AE1868DE3EBE2E4E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO8831082019062015EA2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS19H3T_Z10C15A6EA2000/

法律が変わると派遣社員の働き方はどう変わるのか。どの業務に就いている人でも3年ごとに職場を変えないといけなくなる。今の法律では、専門26業務は無期限となっている。法律が変わっても、部署を変えれば同じ会社にずっと勤めることはできる。法律を所管する厚生労働省は「例えば、庶務課から経営戦略課に異動するなど、派遣社員のキャリアアップにつながる」と考えている。

なぜ野党は改正案に反対なのか。専門26業務の派遣社員が契約更新されず、職を失うと懸念している。会社側からみると、人を代えれば同じ仕事をずっと派遣社員に任せることもできるようになる。正社員に比べて賃金の低い「派遣社員が固定化する」(民主党議員)との見方もある。

改正案に雇用を安定させるための制度はあるのか。同じ職場で3年働いた人は、派遣先の会社で直接雇うよう依頼することを派遣会社に義務付ける。断られた場合は、次の派遣先を紹介したり、派遣会社が無期雇用したりしなければならない。キャリアアップのための教育訓練も必要になる。

個々人がどの働き方を選ぶかということなので、制度のせいにしない自立・選択が最も重要だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です