モディ政権、50日間戦争 インド高額紙幣、突如「無効」の力業 不正蓄財にメス、庶民は喝采

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09857030T21C16A1EA1000/

背景にはインド国内の富の偏在がある。成人人口の3%の富裕層が同国の家計資産の64%を握るとの分析もある。富裕層が節税策に利用してきたのが現金による蓄財だ。不正資金はGDPの2割以上に上るとされる。

モディ政権の狙いは、地下資金の捕捉率を高めて、中長期の税収増加につなげることだ。ただし廃貨という劇薬は副作用も強い。現金決済が中心の小売業者らは売り上げを失い、消費関連株は下落している。短期的には「今後1年間の成長率を0.7~1%下押しする」(英大手金融HSBC)。

視線の先には今後の地方選がある。首相率いる与党・インド人民党は国会下院では多数派だが、地方議会とその勢力図を反映する上院では分が悪い。来年は首相の出身地の西部グジャラート州や人口が最大の北部ウッタルプラデシュ州で州議会選があり、その先には19年の総選挙が控える。富裕層を狙い撃つ廃貨は「低所得者の支持を得る狙い」(政治アナリスト)との分析も聞かれる。

両替はできるわけですね。不正の温床であるタンス預金を駆逐するという目的があるそうです。