軽減税率、公明案丸のみ 官邸、自民妥協促す 国会・参院選での協力期待

9695999993819481E2EB9AE4E68DE2EBE3E0E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO9496838010122015EA2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS09H64_Z01C15A2EA2000/

軽減税率を巡る与党協議は、自民党が公明党案を丸のみして決着する見通しだ。連立政権の危機を避けるとともに、16年の通常国会や夏の参院選での協力を期待する。対象品目の線引きや財源といった政策論は棚上げされている。

首相は与党協議の早期打開を強く指示し、谷垣氏に公明党への歩み寄りを促した。会談後、目を充血させた谷垣氏は無言で官邸を後にし、公明党の井上幹事長との会談に臨んだ。象徴的だったのは、首相が谷垣氏との会談に菅官房長官を同席させたことだ。

斉藤税制調査会長ら公明党幹部は党本部で会合を開き、与党協議の情勢を分析した。会合後、出席者からは「公明党の勝利だ。菅官房長官は我々のことをだれよりも理解してくれた」との声が上がった。

線引きは1月に入ってもまだ論点に上っていません。財源は税収上振れと外為特会の活用が検討課題。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です