重要課題対処、継続を強調 消費増税・法人減税 「実行内閣」で経済再生

9695999693819481E2E19AE0EB8DE2E1E2EBE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7659237004092014EA2000-PB1-2

第2次安倍改造内閣は、当面の重要課題である消費増税や法人減税に向け、経済最優先の継続を強調する布陣となった。社会保障改革やTPP、原子力発電所の再稼働といった懸案は新閣僚に委ねた。

留任した麻生氏は予定通りの消費税引き上げを唱え、甘利氏も「ベストシナリオは予定通り上げること」と繰り返す。懸念材料は足元の景気が力強さに欠けることだ。4~6月期のGDPは年率で前期比6.8%減少し、特にGDPの6割を占める個人消費の回復が鈍い。

来年10月から予定通り増税するか延期するか、首相の中では五分五分との見方。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です