好機狙った「TPP11」 首相「いずれ米国迎え入れ」 日米対話後に照準

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS22H0K_S7A420C1EA3000/

安倍政権がTPP11を進める真の狙いは、いずれ米国を引き戻すことにある。日本主導で地域の通商・貿易ルールをつくり、時が満ちてから米国を迎え入れる――。首相の意思は固まっていたが、問題は構想を表明するタイミングにあった。トランプ政権との関係構築の段階にある中で、あまりに早く「米抜き」を表明すれば、米側の反発を招く恐れもあり、参加国の不安にもつながる。一方、日本がいつまでも態度をあいまいにすれば、参加国の足並みが乱れかねない。

米国とは水面下で間合いの探り合いをはじめた。米側は2国間交渉を要求するが、TPP11ははばまない――。感触を得た日本は構想表明のタイミングとして日米経済対話後に照準を絞った。米側ともきっちり話をつけて進めているとの他の参加国へのメッセージを込めたものだ。

米国とのFTAに前向きな国への根回しも進めた。同日の日本とASEANの経済閣僚会合。「FTA一本足にならないほうがいい」。世耕経済産業相はベトナムのアイン商工相に呼びかけた。

11カ国のTPPはあくまで米国を含む12カ国の枠組みを捨てているわけではないというのが共通認識なんでしょう。