安倍外交、正念場に TPP漂流・北方領土に暗雲 打開策、トップ関係に期待

96959999889de2ebeae4e1ebe5e2e0e6e3e3e0e2e3e48297eae2e2e2-dskkzo0986399024112016pe8000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09863970U6A121C1PE8000/

TPPを巡り「決して内向きになってはならない」と訴えた直後、トランプ氏にビデオ声明でTPP撤退を突きつけられた。9月のロシアで首相は「プーチン大統領の夢は私の夢」と蜜月を誇ったが19日の首脳会談では一転。プーチン氏は領土交渉は「簡単なものとはほど遠い」とクギを刺した。

経済外交でも波乱があった。ベトナムが原発建設を中止し、日本からの原発輸出が頓挫した。インフラ輸出で数少ない有望な事例として推進してきた。

首脳との強い信頼を国益に結びつけるのが安倍外交。逆風を順風に変えるのも首脳との信頼関係がカギとみる。首相は第2次政権発足時に揺らいでいた日米同盟を、ビジネスライクなオバマ大統領と一定の信頼を築いて立て直したのが成功体験になっている。

萩生田氏の不良発言はなかなか面白いと思いましたが、野党から批判が出ているようで。