習氏が陛下と再会する日

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25256240Z21C17A2PE8000

もともと天皇訪中を切望していたのは中国である。よこしまな理由がなかったといえばうそになる。「西側の対中制裁を破る最良の突破口が日本だった」。銭其シン氏は回顧録にこう記した。天皇訪中で日中友好を世界に印象づけ、天安門事件後に西側が築いた対中包囲網を断ち切るねらいがあったのは明らかだ。

習国家主席も同じ考えを引き継いだのだろう。国家副主席だった2009年12月に来日した際、陛下との会見にこだわった。中国人は実によく天皇訪中を覚えている。天安門事件で孤立した中国に足を運ばれ、笑顔を振りまかれた陛下に悪い印象を持った中国人はいない。習氏もそのひとりなのだ。

天皇陛下は19年4月30日に退位される。その前に習氏が国家主席として初めて来日し、陛下との再会を果たす。それが実現すれば、92年の天皇訪中に並ぶ日中関係の大きな節目になるはずである。

こういう歴史は面白いです。日中関係や天皇の存在意味などすべての関係性が見えてきます。