慰安婦協議の議題判明 日本政府が財政支援/韓国は最終解決を保証 合意には高いハードル

96959999889DEAEAE0E2E5E6E7E2E3EAE2E4E0E2E3E79793E3E2E2E2-DSKKZO8820552018062015EA1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO88207450Y5A610C1EA1000/

元慰安婦への財政支援。韓国政府関係者は「政府予算を使うことで『日本政府が国家の責任を事実上認めカネを出した』と韓国国内に説明できる」と期待する。日本は90年代半ばにアジア女性基金をつくり、募金で集めた償い金を元慰安婦に支給した。人道措置との位置づけだった。韓国側が法的責任を帯びた財政支援にこだわるなら、着地は難しい。

謝罪や責任への言及を含む首相声明も焦点だ。首相は4月の訪米時の講演で「人身売買の犠牲となった筆舌に尽くし難い、つらい思いをされた方々を思うと非常に心が痛む」と語った。旧日本軍の関与を認めた93年の河野洋平官房長官談話も見直さないと明言している。首相声明でさらに踏み込めば法的責任も絡んでくる。韓国側には「実質的に日本が責任を認めたと受けとれる表現でよい」との意見もある。

韓国がとる措置もハードルが高い。日本側は「本当に朴政権がこの問題を蒸し返すことなく終わりにできるのか」と疑問視する。ソウルの日本大使館前や米国で慰安婦を象徴する少女像を撤去することや、米国で慰安婦をテーマに集会を開く市民団体などを後押ししているとされることをやめることも、韓国がとる措置だ。

やはり「法的責任」のところが一番の課題なんでしょうね。「あいまいさがある折衷案」を作るのに最終段階の綱引きを繰り広げているそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です