シンゾウとの距離 真夏の人事 麻生太郎 政局観割れても盟友

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05028100Q6A720C1PP8000/

2人の政局観のズレが目立っていた。参院選の後、麻生は側近議員に「やはり衆参同日選にしておけばよかったんじゃないか。せめて改憲を掲げておけば」と漏らした。いま麻生は遅くとも来年1月ごろの衆院解散・総選挙を進言するが、安倍は明確な回答を避けている。

麻生は誕生日だった夫人との夕食をキャンセルし、急きょ都内のホテルに向かった。麻生との溝が深まるのを恐れた安倍が食事に誘った。「首相はあなただ。俺じゃない。決めたことには従う」と最後は折れた。

衆院解散や消費増税先送りだけでなく、軽減税率の対象品目でも安倍と麻生は意見が割れた。結果から見れば、安倍は菅の進言に乗っている。「このまま菅に負けてたまるか」。参院選中、麻生がぼやくのを周囲は何度も見た。「マスコミが俺と菅は冷戦状態だと書くから、首相と3人でメシでも行くか」。麻生の提案に菅も乗り気というが、まだ実現はしていない。

相性良いと思いますけどね。菅さんとの関係も良い意味でのライバル意識で健全ではないでしょうか。