シンゾウとの距離 真夏の人事 石破茂 「危ない男」に火つくか

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05177620T20C16A7PP8000/

入閣してから、石破は「反安倍」と受け取られるような言動はできるだけ慎むように気をつけてきたからだ。側近の一人は解説する。「党内で『あいつは危ない』とみられることはプラスにならない。波風を立てないことが首相への一番の近道だと思っている」

地方人気の源泉は「脱派閥」を掲げ「古い自民党」を打破しようという改革姿勢やクリーンさだった。得意の安全保障政策では集団的自衛権の行使容認に向け安倍が進めた憲法解釈の変更に異を唱え、党内の一部から支持を得た。そんな「石破カラー」は入閣を機に封印したかのように目立たなくなった。

「岸田に負けるつもりはない。次は俺しかいない」。石破が珍しく外相の岸田への敵意をのぞかせたことがある。安倍が無投票再選を決めた党総裁選を前に、出馬の是非をめぐって周囲から「このままでは岸田さんに負けてしまいますよ」とけしかけられたときだ。

地方創生は一億層活躍に上書きされ。確かに目立たない昨今ですが、岸田さんへの対抗心も覗かせているそうです。