欧州、テロ脅威再び 社会不安、政治にも影

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM20HBG_Q6A221C1EA1000/

事件の背景はなお不透明で、欧州社会に底知れぬ不安が広がる。ドイツには2015年だけで100万人超の難民が殺到した。仮に難民として入国した人物が犯人なら、難民に対する視線は一段と厳しさを増すだろう。

民間施設など「ソフトターゲット」は警備が難しい。クリスマス市は大小合わせ、ベルリンだけで約80カ所もあるとされる。大規模なものは警察車両が配備され、ある程度の治安対策は講じられていた。だが数が多く、交通をすべて遮断し、手荷物検査を実施するといった措置は取りにくい。

欧州はこれから選挙ラッシュを迎える。来秋に連邦議会選挙があるドイツでは、難民排斥を訴える民族主義政党AfDに追い風が吹く。一方、寛容な難民政策を掲げてきた与党は難しい対応を迫られる。

民間施設などソフトターゲットは警備が難しいとのこと。ドイツ、オランダ、フランス選挙にも影響を与えそうです。