ガラスの天井 私が破る ヒラリー氏の雪辱、日本初の女性首相は

96959999889de2ebe6eae2ebe1e2e3e0e3e3e0e2e3e4868898e2e2e2-dskkzo0948094012112016tzj000-pb1-7

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09480930S6A111C1TZJ000/

保守系女性議員のイメージをまとう稲田氏にとって、防衛に関する知識を深め、政策の幅を広げる好機になる。党政調会長に続き、当選4回ながらの重要閣僚への抜てきに党内の嫉妬の風は強い。国会では民進党の辻元氏に終戦記念日の式典欠席を追及され、涙ぐんで言葉に詰まる場面もあった。「自衛隊を率いる防衛相としてあり得ない」との批判にもさらされた。

「東京の顔」に選ばれた小池知事。10月30日、都内で開いた自身の政治塾「希望の塾」には2902人が入塾し盛況だ。選挙に立候補できる人材を自分で育てる効果は大きい。日本新党で初当選し、所属政党を変えたことへの批判は自民党にある。東京五輪を成功させた後、国政復帰するのではないかとみる観測もある。安倍首相が党総裁に再任し21年9月まで務めた場合、小池氏はちょうど現在のヒラリー氏と同じ69歳を迎える。

民進党の蓮舫代表。代表選のさなかに「二重国籍」問題が浮上。「女性は笑顔でニコニコしていれば良いと言われるが、私はそれにあらがいたい」「男性も育児をすべきだ。私は旦那に有無を言わさず手伝ってもらった」――。物おじしない「働く強い女」像を演出するが、逆境をはね返す武器となるだろうか。

メルケルさんなんかは偉大なモデルになるんでしょうね。優秀な女性政治家も日本にはたくさんいると思います。