政府、トランプ氏と関係構築急ぐ 首相補佐官、14日に訪米 対中・北朝鮮に懸念

9695999993819481e2eb9ae7988de2ebe3e3e0e2e3e48282eae2e2e2-dskkzo0937231010112016pp8000-pb1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS09H5J_Z01C16A1PP8000/

トランプ氏が勝つと判断した首相は、河井氏を執務室に呼び「トランプ氏の関係者に徹底的に会ってきてほしい。徹底的にだ」と指示。テレビ画面に映るトランプ氏をみながら「はっきりモノを言う政治家が求められているのかなあ」ともつぶやいた。

日本の懸念はトランプ氏の外交政策の不透明さだ。安倍政権の中国などへの強気な外交も、日米同盟が盤石だったからこそ取り得た。同盟の見直しを掲げ「世界の警察官にはなれない」と語るトランプ氏を説得できるか。それ次第で安倍外交の将来像は揺らぐ。

「誰と話したらいいのか分からない」。首相側近はこうぼやいた。訪米する河井氏の面会相手の調整もこれからだ。外務省幹部はトランプ氏との関係づくりが遅れている事実を認め「これから『よーいドン』でやる」と漏らした。

官邸の混乱も伝わってきます。首相のつぶやきからも。17日に初会談らしいですが探り探りですかね。