成長戦略・雇用に重点 公約出そろう 自民、規制緩和や特区活用/民主、「人に投資」で消費増 自民、多様な働き方へ改革/維新・次世代、労働市場を柔軟に

9695999993819481E0E59AE6EB8DE0E5E3E3E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKKZO8023261028112014EA2000-PB1-6

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS27H49_X21C14A1EA2000/

成長戦略は与党が農業や医療分野の規制改革を掲げ、民主党は子育て支援や雇用対策といった「人への投資」による消費拡大を訴える。政府が決めた消費再増税の延期や原子力発電所の再稼働問題でも立場の違いが鮮明だ。与野党は目玉となる政策作りに力を入れる一方、財源や数値目標を公約に明示する努力は大きく後退した。

一覧なっても違いの鮮明さがいまいち掴めないんですよね。自民は既定路線、民主がアベノミクスに対抗して中間層の消費増とざっくり理解。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です