橋下氏、執行部に見切り 維新離れ純化路線 大阪系、同調者募る

9695999993819481E0EB9AE09D8DE0EBE2EAE0E2E3E78297EAE2E2E2-DSKKZO9114279030082015PE8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS29H2O_Z20C15A8PE8000/

柿沢未途幹事長を巡る混乱で、大阪系からは「今の執行部にはついていけない」との声が噴出。橋下氏を念頭に「自分が目標としている人がいなくなった今、党にいる意味がない」などの意見が相次いでいた。

あえて代表選の告示日である10月1日に新党結成をめざすのは、大阪系に代表候補の適任者が見当たらない事情もある。大阪系は当選2回の若手議員が多数を占め、「みすみす執行部の再任になるのは避けたい」という思いもあった。

大阪系議員は民主党を「『何でも反対』の抵抗野党」と批判してきた。維新の分裂により、野党再編の軸は政策によっては安倍政権への協力を否定しない橋下新党と、反安倍政権の姿勢を強める民主党に集約される見通しだ。

橋下さん引退後の国政での復帰の見方も強まっているとのこと。維新分裂が野党再編の呼び水になる構図ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です