加計問題、収まらず 萩生田氏否定「強い憤り」 政権、幕引きの目算狂う

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS20H3V_Q7A620C1EA2000/

民進党は、首相が出席した予算委員会で閉会中審査を実施し、問題を説明するよう促したが、自民党の竹下国会対策委員長は、審査に応じない考えを伝えた。このため、野党4党は週内にも臨時国会を召集するよう申し入れる方針だ。

萩生田氏は首相と同じ自民党細田派の出身で、側近として知られる。野党側は「萩生田氏が関与していれば、加計問題が首相の意向に沿って『加計ありき』で進んだ疑惑が深まる」と追及する。萩生田氏は過去に加計学園が運営する千葉科学大の客員教授を務めていたこともあり、野党側は、加計学園に有利な働きをしていないかを追及する構えだ。

文科省から次々に内部文書が明るみに出る異例の事態について、政府内では人事を巡る霞が関の不満が背景の一つにあるとの見方も出ている。安倍政権は2014年に霞が関の幹部人事を一元的に統括する内閣人事局を新設。かつては各省庁の事務次官が実質的に決めてきたが、審議官・部長級以上は内閣人事局の審査を通らないと昇格できないしくみに変わった。

長引けばまさかの幕引きもあり得ますよね。政権にとってはかなり頭の痛い問題を抱えています。