前原氏、捨て身の合流 野党再編に活路 小池氏、公認対象は選別

https://www.nikkei.com/article/DGKKASFS27H69_X20C17A9EA2000/

小池氏は「集団で来られても一人ひとり、こちらが仲間として戦えるか決める」と述べ、公認候補を選別する考えを示した。安全保障や憲法を挙げ「党内で右だ、左だというのは正しくない。一人ひとりの考えを確認する」と語った。

前原氏は政界再編論者として知られ、かつて「民進党の旗にはこだわらない」とも発言してきた。伏線はあった。前原氏は「(与野党)一対一の構図に持ち込む」と繰り返し、選挙協力や候補者調整という表現を避けてきた。小池氏が立ち上げる新党との連携が視野にあったとみられる。

根底にあったのは党勢低迷への危機感だ。旧民主党が政権を手放した後、党勢回復の気配は見えず旧維新の党と合流して民進党が発足した後も政党支持率は1桁が続いた。都議選では都民ファーストの会が躍進し、民進党は埋没した。

自身は無所属出馬の方向ということで、覚悟が伝わってきます。前原さんこそ台風の目かも。