法相・文科相交代へ あす内閣改造 野党の追及かわす

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO19540570S7A800C1PP8000/

3日の内閣改造で、先の国会で野党側から追及を受けた閣僚の多くが閣外に去る見通しになった。「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の答弁に立った金田法相や、加計学園問題で内部文書の調査にあたった松野文部科学相らが交代の公算が大きい。

内閣支持率が急落する中、今回の改造は首相にとって「失敗できない人事」(閣僚の一人)。特に今回問題となった文科相や防衛相のポストには経験者や党内の重鎮が起用されるとの見方もある。

閣僚交代による刷新効果への期待がある半面、当事者だったり、調査を担ったりした閣僚が改造で閣外に去れば、問題の真相究明が遠のくとの指摘もある。

菅さん・麻生さんは変えられないでしょうから、後はやはり手堅くいくしかないだろうと思います。