民進、会期末へ対決姿勢 不信任案検討に着手、「増税延期」法案提出へ 同日選なお警戒

9695999993819481E3EB9AE6848DE3EBE2E7E0E2E3E48282EAE2E2E2-DSKKZO0255287020052016PP8000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS19H4V_Z10C16A5PP8000/

共産党などは延期ではなく中止を求め、民進党の単独提出となる可能性が高い。首相の再延期表明前に国会審議を求め、先手を打つ。ただ首相が参院選前に増税延期を正式表明すれば参院選での争点化は難しくなる。

二の矢として内閣不信任案を会期末直前に共産、社民、生活と共同提出する方向。民進党は党首討論を今国会中に再び開催するよう自民党に働きかけている。

民進党内にも選挙準備が整う前に同日選などに踏み切られることへの懸念は根強い。同党の消費増税延期方針を巡り、首相が誘発されて参院選前に再延期を打ち出し「その余勢で同日選に踏み切りかねない」との見方も出ている。

いずれにせよ主導権は首相が握ってますね。野党も逆境をバネに知恵を振り絞って欲しいですが。