モディ走る 撃つなら撃て

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM04H7N_Y4A201C1EA1000/

「これからは『ルック・イースト(東方を見ろ)』から『アクト・イースト(東方で行動を)』だ」。11月12日、ミャンマーでASEAN首脳を前に語ったモディに対し、同じ時期にミャンマーにいた米大統領のバラク・オバマ(53)は「MAN OF ACTION(行動する男)」と持ち上げた。約2週間後、米印両政府は4年ぶりの貿易交渉を再開し、早速「行動」で結果を出した。

職員は登退庁時に自分のID番号を入力し、人さし指を押しつける。首相に就任してすぐに出勤時刻を調べさせたモディは聞かされた結果にぼうぜんとした。「定時に来ているのは2割じゃないか。働かない役人は要らない」と激怒し、過度の遅刻には給与カットで臨む方針を即決した。あまりの急激な変化に「勘弁してくれ。ついていけないよ」と30歳代の男性公務員は吐き捨てる。

「共和国記念日(1月26日)にオバマ大統領を招待する」。11月21日、モディは突然、ツイッターにつぶやいた。主要国とほぼ等距離を保つインド伝統の「全方位外交」は色あせ、日米との連携強化を急ぐ一方、領土問題を抱える中国には是々非々の姿勢が目立つ。

まさに眠れる巨象インドを動かす男の登場ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です