うつろう安倍・小泉関係 「こども保険」 距離感映す

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24204820T01C17A2PE8000

「2019年10月の消費増税はすでに使途が決まっている。10%超にあげるには時間がかかる」。消費税による財源確保が難しいことを理由にこども保険の利点を説いた。ところが首相は「もう少し柔軟に考えてもいい」と返答。既に懐には使途を変更して消費税を10%に引き上げる案を抱え、本心では冷ややかだった。

選挙の「顔」になると踏んで小泉氏を取り込んだ首相だが、衆院選で圧勝した以上、小泉氏に特別に配慮する必要性は薄れた。デフレ脱却を最優先に掲げる中、個人に負担を求めるこども保険が選択肢から消えたのは自然な流れだった。「したたかさでは首相の方が一枚も二枚も上だった」。小泉氏周辺は指摘する。

来年9月の総裁選に目を向けると、小泉氏が首相にとって悩ましい存在であるのは変わらない。「衆院選では首相の不人気は明らかだった。安倍首相では次の参院選は戦えない。来年の総裁選で小泉氏がどう動くか……」。参院のあるベテラン議員はこう語る。

将来の首相候補には違いないでしょう。安倍さんには老害にならないようにしてもらいたい思いはあります。