二階氏、習主席と面会 交流行事で首相親書渡す

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO87212130U5A520C1PE8000/

中国を訪問している自民党の二階俊博総務会長は、北京市内で開いた日中交流行事の際、同席した中国の習近平国家主席に安倍晋三首相の親書を手渡した。二階氏によると、習氏は日中両国が戦略的互恵関係を進めていけば関係は改善するとの認識を示した。

交流行事は二階氏が会長を務める全国旅行業協会などを中心とする訪中団側が主催した「中日友好交流大会」。中国側が協力して人民大会堂で開いた。二階氏は過去にも大規模な訪中団を率いて同様の交流行事を開き、中国指導部が出席したことがある。

二階氏は21日には広東省広州で中国共産党の次期最高指導部の有力候補、胡春華・同省党委員会書記と会談した。中国メディアは訪中団について「日中関係の雪解けをはっきり示している」(政府系英字紙チャイナ・デーリー)、「民間交流の好例だ」(国営新華社)と好意的に伝えている。

3000人を引き連れって凄い。この二階氏は相当な重鎮で親中派だそうで。役割大きそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です