シンゾウとの距離(1)牙抜かれたナンバー2 石破茂

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS15H2D_V10C15A8PP8000/

石破の課題は地方人気のつなぎ留めだ。その行動原理は「常に自民党員や、党員ではないが自民党を好きな人たちが何を考えているかで行動する」。安倍の入閣要請を受け入れた背景には、無役では地方の期待をしぼませるとの判断がにじむ。

12年総裁選で石破を推し、国会議員票での逆転に抗議した秋田県連。「テレビでの理屈っぽさに信頼感があったが、入閣して出番が減った。しかも地方創生なんて難しいのは地方はみんなわかっている」(幹部)と冷めた目でみる。同じく支持していた三重県連も「サミット誘致で今なら票は割れる」。政権復帰から2年半余り、地方組織の視線は野党時代とはおのずと異なる。

入閣は支持グループ、無派閥連絡会の不協和音も生んだ。会長の山本有二は安倍と座禅を組む仲で、石破と安倍の間を取り持つ。一方、内閣改造の際「無役で次に備えるべきだ」と訴えた浜田靖一らは「入閣は誰がみても間違いだった」と反発する。5日の懇親会では小池百合子が「総裁選に出たら」と促した。しかし石破は口を開かない。「若手の一部は見切りをつけ、首相官邸に近づこうとしている」と幹部は漏らす。

無役で天下取りの道を選んでいたらどうなっていただろうと考えます。石破さんの能力を最大限活かせる道は何でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です