野党、追い上げ苦戦 選挙区で競合、与党有利に 希望、東京でも劣勢

序盤調査では、自民党の議席獲得が「有力」なのは5選挙区、「優勢」なのは54選挙区あった。今回の終盤情勢調査では、「有力」は17に増え、「優勢」は45となった。東京15区、新潟6区、滋賀3区の3つの接戦区では、序盤段階では自民党候補が劣勢だった。与野党の激しい戦いから一歩抜け出した格好だ。

退潮が目立つのは希望の党だ。獲得議席は「有力」または「優勢」となったのは16議席で、序盤情勢から4減った。13の接戦区では、自民党に大きく引き離された。このうちほとんどの選挙区では、野党候補が2人以上いる。与野党で「1対1」の構図を作れておらず、政権批判票が分散していることが影響している。

立憲民主党が勢いを増していることも希望の党にはマイナス材料だ。例えば、かつて小池氏の地盤だった東京10区。自民、希望、立憲民主の3党の公認候補ら6人が競うものの、希望の候補に入れると回答した人は序盤情勢から終盤情勢にかけて9ポイント減った。目減りした分を自民党と立憲民主の候補が奪いあう。

比例では立憲民主が希望を抜いたようです。枝野さんの演説の聴衆の数すごいです。あとTwitterのフォロワー数は自民より多いそうです。