野党再編、年内にらむ 民・維、月末にも協議会 橋下新党で加速

9695999993819481E1E39AE6838DE1E3E2EAE0E2E3E78282EAE2E2E2-DSKKZO9119770001092015PP8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS31H4Q_R30C15A8PP8000/

年内の再編を模索するのは、政党の政党交付金は1月1日時点の議員数などをもとに算出するためだ。合流などで年内に党の規模が大きくなれば交付金の額が増える。来年夏の参院選準備を進めるにも年内が期限との見方がある。

合流の壁は高いとの見方も多い。江田氏らは両党がいったん解党して新党をつくる「対等合併」を念頭に置く。民主党内は同党を軸とした吸収合併論が根強い。このため秋の臨時国会にまず基本的に同一行動を取る「統一会派」を結成する案が浮上している。

「橋下新党」を巡っては、松井一郎大阪府知事が、10月1日に新党結成を発表する段取りを記者団に明らかにした。松井氏は新党の代表候補にあがる。橋下氏は、電話で翻意を迫った松野氏に「党に戻るつもりはない」と伝えた。

なるほど、政党交付金は議員数をもとに算出されるため、再編模索の推進力になっていることを知りました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です