憲法改正で協力 首相、橋下氏の国政進出期待 3時間半会談

96959999889DEBE7E1E7E4E7E3E2E0E2E3E0E0E2E3E78297EAE2E2E2-DSKKZO9535597020122015PE8000-PB1-2

96959999889DEBE7E1E7E4E7E3E2E0E2E3E0E0E2E3E78297EAE2E2E2-DSKKZO9535305019122015PE8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95356510Q5A221C1PE8000/

名目は「橋下氏の慰労会」で、菅官房長官とおおさか維新代表の松井大阪府知事が同席した。首相側には、通常国会や来年夏の参院選を見据え、野党勢力を分断したい思惑がある。

改憲の発議には衆参両院でそれぞれ総議員の3分の2以上の賛成が必要だ。関係者によると、橋下氏は参院選で自民、公明両党とおおさか維新で3分の2の議席を獲得し、憲法改正をめざすよう呼びかけた。首相はともに改憲をめざす姿勢を確認した。

与党内には、おおさか維新への警戒感も漂う。「大阪維新の会」が2勝した大阪府知事・市長ダブル選挙では、自民党支持層を大きく切り崩されたとの分析もある。自民党幹部は「近畿圏では油断できない」と語る。

首相官邸は野党分裂を狙うものの、自民党の一部にはおおさか維新の会に対する警戒感も。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です