「ポスト安倍」深謀遠慮 岸田氏、党要職に活路 野田聖・石破氏、政権内外から発信

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS02H5S_S7A800C1EA2000/

「次の人事では閣外に出る」。岸田氏は周囲にこう決意を語ってきた。政調会長は希望した党要職だ。首相は外相として手堅い岸田氏を代えるのには慎重だった。内閣支持率が急落するなか、岸田氏に政権運営で協力を得るには一定の配慮が必要と判断した。岸田氏は首相への「登竜門」といわれる党三役ポストは経験がなかった。「党の要職に就いて地力を蓄え、次の首相の座を狙う」。岸田氏周辺は今後のシナリオをこう描く。

首相と一定の距離を置く野田氏も総務相での入閣が内定した。首相は野田氏を取り込むことで、挙党態勢の構築を狙う。一方の野田氏も「表舞台」に復帰することで「ポスト安倍」をにらんだ時機をうかがう戦略とみられる。

昨年の内閣改造で閣僚を外れた石破氏は、今回も閣外で、次なる機会をうかがう。与党内野党として、政権批判の受け皿をつくりたい考えとみられる。首相は石破氏が率いる石破派からは衆院当選3回の若手、斎藤健氏を農相に抜てきした。「一本釣りの人事をして、石破氏の求心力を落とす考えだろう」。自民党関係者は、首相の思惑をこう分析する。

それぞれも思惑が交錯するので、人事はまさに政治という感じがします。閣内残留と閣外に出る意味がまだよく分かっていません。