首相、長期政権へ試練 内閣支持率急落 都議選が関門に

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS19H65_Z10C17A6EA2000/

自民党は都議選の決起大会に首相が出席するなど総力戦の構えを示していた。ただ、支持率低下が伝わると、都議選の敗北が政権への打撃とならないようダメージコントロールする動きも目立つ。

永田町で都議選が重視されるのは、都議選での敗北が衆院選の大敗などに結びつくとの先例があるためだ。政権発足以来、すべての国政選挙で勝利を重ねてきた安倍政権内にも「次に勝てる保証はない」(党幹部)との懸念が漏れている。

シナリオ通りに進むかは不透明だ。自民党内からは「加計問題の処理は明らかに間違いだ」との声も漏れ、加計問題の対応にあたった菅官房長官への不満もくすぶる。首相は菅氏や麻生副総理・財務相を続投させ、政権安定を優先する構えだが、不満が増幅すれば、菅氏らの交代を迫る動きが顕在化するリスクもある。

感覚的には何だかんだ言って強いリーダーシップを求めている人が多いようにも思いますが。都議選で潮目変わるでしょうか。