急造公約 議論生煮え 社会保障 首相「私立高も無償化」/小池氏「新たな発想必要」

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22039040Y7A001C1EA2000/

安倍首相は「私立高校の授業料の無償化も検討していきたい」と表明した。首相がこれまで「全世代型の社会保障」として言及していたのは幼児教育・保育や大学など高等教育の無償化。タダにする範囲を広げると、必要な財源は膨らむ。自民党は旧民主党政権が進めた公立高校の無償化をバラマキと批判したこともあり、唐突感が否めない。

希望の党の小池代表は「国民の好景気に対する実感が伴っていない」として2019年10月の消費増税は凍結するという。だが、小池氏も代わりの財源はあいまいだ。「高齢者は病院に行くより大学に行きましょう。それで社会保障の費用を下げる」。小池氏は社会保障改革について「発想を変えよう」と訴えたが、具体的な制度設計にはほとんど触れなかった。

立憲民主党の枝野代表は消費増税について経済状況などの「前提が崩れている以上、容認できない」と語った。日本維新の会の松井代表は「身を切る改革で教育を無償化する」と述べ、具体策は「国会議員の報酬削減」とした。

ほんとに触りの部分ですが、大まかに各党のメインの主張が把握できました。財源の明示がやはりポイント。