長期政権へ挙党態勢 サプライズ、谷垣幹事長 批判勢力の結集防ぐ

9695999693819481E2E19AE0E38DE2E1E2EBE0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKDZO7658835004092014EA1000-PB1-2

「首相は1カ月前から『谷垣幹事長』構想をひそかに温めていた」。首相周辺は解説する。今回の隠れた狙いは「石破氏の勢力拡大をいかに抑え込むか」だった。「首相の狙いは無投票再選。できる限りの準備をしたということだ」と解説する。

谷垣氏は個人的な野心を表に出すことはない。「野党自民党の総裁」という損な役回りを引き受けたことが象徴するように、与えられた役割を全うしようとする人柄だ。前回の総裁選で現職ながら立候補を取りやめ、首相支持に回ったこともあり、首相周辺は「谷垣さんが首相を裏切ることはない」と評価する。

首相側には「谷垣氏を幹事長に起用することで不満勢力の芽を摘める」という計算もあった。谷垣氏は中国とのパイプもあるリベラル派で、消費増税の必要性を訴える財政規律重視派でもある。政策的には首相に近い勢力とは対極に位置する。

なるほど谷垣さんのリベラルな姿勢や人事の背景がわかると面白いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です