トランプ氏 背水の激戦州 米大統領選、最終盤 共和の牙城に異変も

969599999381959fe0e29ae5ea8de0e2e3e2e0e2e3e49793e0e2e2e2-dskkzo0861800021102016ea2000-pb1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM20H78_Q6A021C1EA2000/

“異変”はアリゾナだけではない。中西部のオハイオ州は米製造業が集積し、白人労働者層を基盤とするトランプ氏が重視してきたが、支持率はトランプ氏がわずか0.5ポイント上回るだけ。オハイオは人種構成などが全米平均に近く「米国の縮図」と呼ばれる。ここで負けて大統領に当選した候補は50年以上いない。

例年なら接戦となる州も今回は様相が異なる。南部のフロリダ州は勝敗の決め手となる大票田だが、リアル・クリア・ポリティクスによると直近の支持率はクリントン氏が3.6ポイント上回る。州内で人口が増え続けるヒスパニックの間でメキシコ移民への差別発言を繰り返すトランプ氏への反発が強いためだ。

リアル・クリア・ポリティクスの推計では、現時点で固めた選挙人数はクリントン氏の260人に対しトランプ氏は170人。過半数確保へあと10人を取り込めばいいクリントン氏に対し、トランプ氏が逆転へほとんどの激戦州を落とせない。

最も醜い討論会だったようで。最後の最後は消去法でヒラリーさんになるのが大筋でしょうかね。