米国の選択 トランプ氏期待も民意

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09747290Z11C16A1TCL000/

総得票数を見れば、クリントン氏が勝っていたのです。どうして、こんなことが起きるのか。それは、今回の選挙が「大統領選挙人」を選ぶものだったからです。この仕組みのため、総得票数ではクリントン氏が上回ったのに、選挙人の数ではトランプ氏が勝ったのです。

奇妙な結果は、2000年にも起きました。このときは民主党のゴア氏が総得票数で共和党のブッシュ氏に勝ったのに、選挙人の数では逆の結果になりました。ブッシュ大統領がアフガニスタンやイラクへの戦争を仕掛けると、「我々が選んだ大統領ではないのに」という不満の声が聞かれたものです。

こういう結果になると事前に予想していた大手メディアが米国になかった以上、「今回の選挙の真の敗者は既成の大手メディアだ」という評価も成り立つでしょう。大手メディアはニューヨークやワシントンに本拠を置いていることから、米中西部の人たちの考えを十分に掬い取ることができなかったのでしょう。

ゴア-ブッシュの時は、選挙人の投票で逆転したと勘違いしていました。ということはもうひっくり返らないってことですね。