民進の資金どこへ? 政党交付金、環流なら批判も

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21889140U7A001C1EA1000/

民進党は2017年度予算で、年間87億円の政党交付金を受け取り、148億円の繰越金が出るとしている。民進党関係者によると、2日付で民進党の前職、元職、新人に政治活動費として1人当たり1500万円を支給した。

政治資金の使途は政党の裁量に委ねられており、資金の決裁権限は党の代表にある。民進党の場合、離党前の所属議員に資金を振り込んだり、希望の党などの新党に寄付したりすれば、合法的に資金を新党に移動することが可能だ。

菅官房長官は「(2014年に解散した)みんなの党は解党時に国庫に返した」と述べ、民進党に余った資金は国庫に返納すべきだと暗に促した。公明党幹部は「民進党に税金を渡しているのに希望の党のお金になるのは問題だ」と話す。

菅さんからも釘を刺され、国民の理解も得られないでしょうから、返納の流れじゃないでしょうか。