イオン、格安スマホ 高速に LTE対応来月発売 20~30代の利用狙う

9695999693819688E0EB9A9BE58DE0EBE2EAE0E2E3E68698E3E2E2E2-DSKDZO7637916030082014TJ1000-PB1-5

新製品「イオンスマホLTE」は中国の家電大手、TCL集団製の端末を採用する。毎秒150メガ(メガは100万)ビットの高速通信ができるLTEが使え、1カ月に2ギガ(ギガは10億)バイトまで高速のデータ通信が使える。料金は端末代込みで税別月2980円。

格安スマホはイオンが4月に売り出したのをきっかけに家電量販店などが相次ぎ参入。LTEが使えるタイプも6月以降、ヤマダ電機やビックカメラなどが販売している。だが月3000円前後の基本プランでは高速で使えるデータ通信量は1ギガバイトが一般的。

イオンが先陣きってますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です