人工知能は職を奪うか 意思疎通能力、一層重要に 労働市場の整備カギ 柳川範之 東京大学教授

96959999889DEBE4E2E3E2E5E4E2E3E0E2E3E0E2E3E49997EAE2E2E2-DSKKZO9601077012012016KE8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96010760S6A110C1KE8000/

SF的な未来を考えない限り、コンピューターやロボットが人間から完全に独立して、自らの意思を持って仕事をし、人間の仕事を奪うことはあり得ない。従ってAIやロボットが仕事を奪うのではなく、それを使う人間が他の人の仕事を奪うのだ。

人間同士のコミュニケーション能力が重要になるという視点は、デービッド・デミング米ハーバード大准教授やOECDなどが、今後必要とされる能力として、社会技能(Social skill)を重要視しているのと整合的だ。

変化のスピードが速いことも大きなポイントだ。変化が速くかつ寿命も延びている以上、いくつになっても、その時々で必要とされる能力を身につけなければならない。

ごく当たり前のことが語られている感じです。極端な発想になりがちですが、これもまた人類の進化の過程かと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です