染め ニューウエーブ 江戸小紋職人の4代目 廣瀬雄一さん

https://www.nikkei.com/article/DGKKASDG06H7Q_Q7A920C1CC1000/

祖母の家が千葉県の海沿いにあったことがきっかけで、10歳でウインドサーフィンを始めた。2000年シドニー五輪の指定強化選手になるほどの実力だった。だが大好きな競技を極めたい一方、家業を継がねばならないことは自覚していた。

卒業後に工房の職人に弟子入りし3年ほど修業した。「どうせやるなら日本一の職人に」。そう意気込んだが、職人になって5、6年たつと仕事が減っていることに気づく。経営に携わるようになると業界の厳しい現状や売り上げの減少に直面した。

試行錯誤の末、若い人にも受け入れられるファッションとしてストールに目をつけ、2012年にブランド「コモン」を立ち上げた。職人にとって大胆な挑戦だった。年配の職人らの反応は厳しかったが、廣瀬さんは「時代に合う新しい形で挑戦しないといけない」と力説する。

同い年なので応援したいです。アパレルとのコラボなど独自性を強みとして展開して欲しいです。