フィンテック 社会一変 金融サービス 安く便利に

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25432150Y8A100C1TJU100

三菱UFJFGの「MUFGコイン」や、みずほFGの「Jコイン」などメガバンクが開発したデジタル通貨を人々が持ち、スマホや生体認証で管理。昔は銀行に行ったりATMでお金を下ろしたりしたが、今や銀行に行く人などほとんどいない。住宅ローンも資産の運用相談も、保険加入もネットで済ませられるからだ。

収入もコインの使い道もすべて把握できてしまう「色のついたお金」ゆえ、個人の行動はまるわかりだ。虹彩認証などで本人以外がお金を勝手にひきだしたりするのはほぼ不可能。「もう、健康状態が悪くなったら保険料金も住宅ローン金利も上がっちゃう。もう少しお金を積んでいいAIに資産運用させないと」。そういいながら銀行に出したメールの件名は「夫のコイン支出の上限・用途設定と資産運用AIの更新について」。

世界が透明化していく流れです。紙幣そのものがなくなる可能性はかなり大きいんじゃないでしょうか。