手軽にビッグデータ 分析ソフト・サービス普及 サントリー酒類、商品反響 すぐグラフ化

96959996889DE5E6EAE4EBEBEAE2E0EAE2E5E0E2E3E68683E6E2E2E2-DSKDZO7487000028072014TQ4000-PB1-2

「『夏祭りで飲みたい』という声があり、狙い通り季節感を演出できた」。サントリー酒類で低アルコール飲料「ほろよい」のマーケティングを担当するスピリッツ事業部RTD部の森下あずささん(27)は、ほろよいの新製品「冷やしパイン」への反応をツイッターのつぶやきからこう分析した。

2012年4月からプラスアルファ・コンサルティング(東京・港)の分析用クラウドサービス「見える化エンジン」を導入。利用料は月額15万円からで、日本語のつぶやき全てを分析できる。実際の操作は見える化エンジンの画面に調べたいキーワードや期間を入力するだけ。あとは見える化エンジンがデータを自動収集し、日々のつぶやき数の推移を棒グラフで表示する。

分析クラウドサービスとか製品化したらこれからニーズありそうですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です