羽田―東京、18分に短縮 JR東、新線で訪日便利に 20年代半ば開通 事業費3000億円

 

9695999693819694E3E6E2E2908DE3E6E2E5E0E2E3E69F9FEAE2E2E2-DSKDZO7425867015072014MM8000-PB1-3

9695999693819694E3E6E2E2908DE3E6E2E5E0E2E3E69F9FEAE2E2E2-DSKDZO7425868015072014MM8000-PB1-3

政府は東京五輪を開催する20年をめどに、日本を訪れる外国人旅行客を年2千万人へと倍増させる目標を掲げる。そのため羽田空港の国際線発着枠も、20年までに現在の年9万回から年13万回程度に増やす計画だ。

JRの新線ができれば、都心へのアクセス面でもアジアの主要空港に比べ優位となる。観光客を呼ぶだけでなく、アジアのビジネス拠点としての東京の魅力が増して、企業や国際会議なども誘致しやすくなる。

すべての企業が五輪に向けての準備を進めないといけませんね。商機を逃すべからず。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です