ミクロデータは語る 大衆薬 女性が選ぶ「即効性」「漢方」

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23720710Q7A121C1TJ2000

第一三共ヘルスケアのロキソニンSシリーズは、購入層の7割が女性だ。同社の調べでは、働く女性の3人に1人が週1回以上の頭痛を経験。特に管理職層が頭痛に悩まされているという。頭痛のタネは多いが、仕事や育児は休めない。そこで「即効性を訴えたら売上高が伸びた」と第一三共ヘルスケアの宮崎ブランドマネジャーは語る。

もやもやした体調不良に悩む女性を癒やす漢方薬も好調だ。一般用の漢方薬市場は16年度に489億円。20年前の1.8倍に増えた。中高年女性が中心だが、冷えやむくみなど女性特有の悩みにも効くと若い愛用者が増えている。

インテージによると、16年度の胃腸薬の市場規模は520億円。20年前より4割減った。バブル崩壊後、大手企業を中心に交際費を抑制し、飲酒機会が減ったことが大きい。代わって元気に食べて飲んでいるのが肉食女子だ。新生銀行の調査では、1カ月の飲み会数は男性会社員で最も頻度が高い50歳代で2.5回だったのに対し、20歳代の女性会社員は2.8回と上回った。

興味深いミクロデータだと思いました。ロキソニンS売れているんですね。胃腸薬市場の救世主も肉食女子。