銭湯女子会 思わず本音 朝までオール 旅行気分

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13449910X20C17A2TI5000/

「新宿天然温泉 テルマー湯」。「5年後は結婚して子供を産んでいたいな」「ハードな働き方は自分にはできないかも。でも結婚も仕事も子供も全部欲しい」。夜も深まれば、お酒の効果もあってか、ぽつりぽつりと本音が漏れる。

杉並区の「荻窪 武蔵野温泉 なごみの湯」も若い女性が集まる。人気の理由は3500円の「夜スパセット」だ。会社員の三浦さん(25)はある日、友人と2人で訪れた。入館したのは午前0時、「5種類の岩盤浴を制覇したら、2時間たっていました」。さらにお風呂で2時間、仕事や恋愛の話。「携帯はロッカーに置いていくので、自然と話す量も多くなります」

友人4人と文京区の「スパ ラクーア」や江東区の「東京お台場 大江戸温泉物語」でよく朝まで過ごす荒川さん(27)。「誰かの家で飲むこともあるけど、それだけではつまらない。気分はプチ旅行」と銭湯オールの魅力を語る。

癒やしと真新しさ、繋がりという点で、女子たちのニーズを拾っているように思います。