LINE広告 狙って配信 年齢・性別で絞り込み 米社と提携 商品PR効果的に

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO72500530Q4A610C1TJ1000/

企業は米セールスフォース・ドットコムのクラウド型顧客情報管理(CRM)システムを使えば、自社の顧客情報も活用しつつ、より効果的な広告活動が可能になる。

セールスフォースの顧客管理システムは世界で1万社以上が利用している。同社がクラウドで顧客情報を管理し、LINEの公式アカウントと連携して属性別に広告を送り分けられるシステムを発売する。例えば「東京在住の20代女性」に限定して送信できる。

グローバル市場で競合している米フェイスブック傘下のワッツアップや中国の騰訊控股(テンセント)に対し、企業向け事業で優位に立つ狙いもある。

まあ順当な流れだよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です