ウチの白板 ぬくもり共有 インテリアや勉強道具に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98350780R10C16A3TI5000/

ホワイトボードを家庭で使う人が増えている。買い物リストを書くといったメモ帳代わりではなく、インテリアとして特大サイズを壁に付けたり、家で勉強するためにノートサイズを使ったり。利用シーンが変わってきた。すぐに消せる便利さはもちろん、手書きで温かみが感じられることや、家族のコミュニケーションが活発になることも人気の理由のようだ。

インテリアの写真投稿アプリを運営するトンネルによると、ホワイトボードを使ったインテリアの写真は2年ほど前から増えはじめたという。100円ショップなどで手軽に購入できるようになったほか、日曜大工でインテリアとしておしゃれに見せる方法などが口コミで広がり、家庭でも「挑戦しやすくなった」とみている。

勉強に使う人も目立つ。京都大学の柿本さんは実験の計算などにA4サイズのホワイトボードを使う。「ノートに書くより文字が大きくなるので印象に残りやすい」同じ大学の谷口さんも受験の際、一日のノルマを手帳大のモノに書き出していたという。「一つずつ消す達成感にはまっていった」。

インスタとかでじわじわ広がったのもありそうです。ブームのきっかけってどこから起こるんでしょうね。