全加工食品で産地表示 メーカー「コスト増」

9695999993819688e2e09a869e8de2e0e3e3e0e2e3e4869be7e2e2e2-dskkzo0908848002112016ti5000-pb1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ02HTL_S6A101C1TI5000/

一般的に中小規模のメーカーほど製造にかかるコストの吸収余力は乏しい。来年4月には今回の制度変更とは別に新たな製造所固有記号制度が始まる。ある中堅食品メーカーの幹部は「表示変更で5億~6億円のコストがかさんだ。(全加工食品の表示で)さらに億円単位のコストアップになりそう」と嘆く。

少子高齢化や単身世帯の増加で個食化の傾向が強まっている。ひとつひとつの商品が小さくなっており「今でも表示のためのスペースが少ない。表示義務が増えると消費者が一層読みにくくなる」との声も出ている。

新しいルールを議論してきた有識者らによる検討会では、消費者団体や小売業から「曖昧な表示は消費者の誤認や混乱を招く」という指摘も出た。新しいルールでは「カナダ又はアメリカ」「輸入又は国産」など一見しただけでは理解が難しい表記も例外として認めている。

それこそITでコストを抑える発想もできると思います。シンプルかつ詳細に分かるソリューション作れるはずです。