「笑い」回数・頻度測る NPO法人 スマホ活用 人間関係判定も

http://www.nikkei.com/article/DGKDASGG2401E_Y4A720C1TJM000/

歩数計のように笑いの回数や頻度を簡単に計測し健康状態や人間関係の判定に活用しよう――。こんな「笑い声測定システム」を、NPO法人のプロジェクトaH(アッハ)が開発した。8月2~3日に堺市で開く「日本笑い学会」で展示する。

笑いが免疫力を高める研究があり、このシステムを使えば笑いの定量的な値を用いて検証できるようになる。友人や会社の同僚らとの相性を判定する笑いによる測定法や、テレビ番組の面白さを表す指標作りなどの応用が考えられるという。

プロジェクトaHは木村洋二・関西大学名誉教授の笑いの研究を引き継ぎ、2010年に発足した。専用ソフトを10月にも公開し、企業などとの共同研究を検討していく。

面白いですね!研究を引き継いでの製品化。アッハという法人名もユニーク。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です