「ポケモンGO」現象が示すもの

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534573027072016NNS000-PN1-6

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534580027072016NNS000-PN1-6

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534591027072016NNS000-PN1-4

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534598027072016NNS000-PN1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05345560X20C16A7NNS000/

今回、ARを採り入れてヒットさせたのはシリコンバレーという技術の聖地を抱える米国の強みだろう。何でも日本企業のみで完結させるのではなく、積極的に海外企業と組むことで普遍的な面白さを生み出すことができるという教訓が読み取れる。

米国には、ポケモンを使った「スタンプラリー」のようなキャラクターと現実世界を融合させる企画はほとんどなかった。交通の便が悪い米国では、歩き回るゲームというだけで新鮮だ。ブームは様々な条件が重なった結果だろう。

地方でイベントが開かれれば大勢の利用者が駆けつけるはずだ。公共交通機関や宿泊施設など関連産業が恩恵を受けるだろう。使い方によっては、人の流れを大きく変える可能性を秘める。

多様な視点が面白いです。人の流れを大きく変えるというのが革新的でありミソだと思っています。